HOME>特集>仏壇を処分したい理由と処分する様々な方法

目次

粗大ゴミとして処分できる

引越しや遺品整理などで古い仏壇を処分する必要が出てくることもありますが、特殊なものということもあり、どのように処分して良いのかわからないという人も少なくありません。仏壇処分は自治体でも回収してくれることが多くなっています。自治体により処分方法は違いがありますが、大型の家具と同じように粗大ゴミとして処分することが多くなっています。費用も自治体により違いがありますので、あらかじめ確認しておくとより安心です。

閉眼供養を行おう

仏壇処分はゴミとして処分することもできますが、そうした方法に抵抗を持つ人は少なくありません。より安心して処分するなら閉眼供養やお性根抜きをしておくことがおすすめです。こうした供養は菩提寺で対応できることが多くなっています。菩提寺がないという場合は仏壇店に相談すると、僧侶を紹介してくれる場合もあります。

専門業者に依頼する

閉眼供養が終わっても、ゴミには出したくないという人は少なくありません。より安心して処分するなら仏壇店に引き取ってもらうという方法もあります。この他では、仏壇処分専門の業者や遺品整理業者などでも引き取ってくれる場合がありますので、相談してみましょう。

大切なものが入っていないかチェック

業者により仏壇処分の費用は変わってきますので、事前に見積もりを取っておくと安心です。そして、仏壇処分の前には、仏壇の中に大切なものが残っていないか確認しておくことがおすすめです。仏壇の引き出しは普段はあまり開け閉めをしないので、大切なものを入れたままで忘れてしまっている可能性もあります。

広告募集中